レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が5000件以上!


山田全自動の日本文学でござる

国語の教科書でも紹介されるような
有名な日本文学のあらすじをマンガ化したもの。


収録作品
 ●東海道中膝栗毛(とうかいどうちゅうひざくりげ)
 ●檸檬(れもん)
 ●風立ちぬ
 ●注文の多い料理店
 ●こころ
 ●人間椅子
 ●高野聖(こうやひじり)
 ●山月記(さんげつき)
 ●たけくらべ
 ●夏の葬列
 ●刺青(しせい)
 ●夜明け前
 ●蟹工船
 ●白痴(はくち)
 ●斜陽
 ●人間失格
 ●羅生門
 ●地獄変
 ●曽根崎心中
 ●高瀬舟 ( たかせぶね )


非常にとっつきの悪い文学作品が
誰にでも読みやすいマンガになっている上に、
全20作品とボリュームも十分なのが嬉しい。


作品名ぐらいは聞いたことがあっても
どういう話なのかきちんと知らなかったものについて
短時間でざっと知ることができるのが非常に便利。


歴史に残る作品だと言われていても
オチらしいものもなく終わってしまったり
面白味が見いだせないものが多々あるが、
マンガであれば読むのに費やした時間がわずかなので
ほとんど損した気にならなくて済む。


常識のひとつとして筋書きを知っておきたい人にも、
数ある文学作品の中でどれから読むか悩んでいる人にも、
最初のとっかかりとして手を出しやすい1冊。


【関連作品のレビュー】
漫画 こころ(マンガ)
まんがで読破 こころ(マンガ)
蟹工船(2009年公開映画)
まんがで読破 人間失格(マンガ)
人間失格(マンガ)
人間失格(映画)

総アクセス数