レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書のレビューが3000件以上! レビューは毎日更新します。



志乃ちゃんは自分の名前が言えない

特定の言葉をうまく発音できない吃音症(きつおんしょう)に苦しむ女子高生の話。

練習しても勇気を出しても、意識すればするほど
うまくしゃべれない吃音症の人の歯痒い気持ちが伝わってくる。
しかも周囲が未熟な年齢だけに安易に笑われて
それがまたコンプレックスにつながっていく恐怖感もよくわかる。

惡の華」「デビルエクスタシー」「ぼくは麻理のなか」と同じ作者だが、
本作にはそういったエグさはなく、読後感が良い。
主人公を支えてくれる友人たちのキャラクターが救い。

誰でも似たような症状の人と出会った経験があるだけに
そういう人たちの想いを追体験できる良作。