レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が5000件以上!


ひきだしにテラリウム

1冊に33作品ものエピソードを収録した九井諒子の短編集。

ものによってはわずか2ページで終わるほど短いが、
それぞれ現代にはないファンタジー要素が含まれていて面白い。
不思議な世界観をテンポよく楽しんでいける感覚は
星新一のショートショートを連想させる。

よく面白味がわからない作品もいくつかあったが、
全体的なデキはよく、1冊の満足度は高い。

【関連作品のレビュー】
竜のかわいい七つの子
竜の学校は山の上
ダンジョン飯

総アクセス数