レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が5000件以上!


DEATH NOTE Light up the NEW world

実写映画版「デスノート」シリーズの第3弾となり、
DEATH NOTE the Last name」の10年後を舞台に
6冊のデスノートをめぐる攻防を描いた話。

2代目となる新キラ・新Lともに魅力に欠け、
登場するたびに残念な気分になるばかり。
特に2代目Lは言葉遣いが乱暴なばかりでちっとも知的に見えない。

2時間あまりの映画で6冊のデスノートは多すぎるし、
どう考えても3冊で十分なストーリー。
登場人物たちの動機も理解不能で、どの立場も応援できない。

ミスリードやトリックの内容がやたら前作と重複しており、
今作独自の驚きや面白みがまったく味わえないのもひどい。
10年も経ってからわざわざ続編を作った割に
あまりにも見どころのないデキ。

【関連作品のレビュー】
DEATH NOTE(実写映画)
DEATH NOTE the Last name(実写映画)
L change the WorLd(実写映画)
DEATH NOTE(マンガ)
DEATH NOTE(アニメ)
デスノート(実写テレビドラマ)

総アクセス数