レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が3000件以上! レビューは毎日更新します。



灰者

灰者 (イブニングコミックス)
講談社 (2014-07-25)
売り上げランキング: 66,618

同作者の作品「銃夢」に登場したスポーツ「モーターボール」を舞台にした短編マンガ。
モーターボールとはサーキット内を周回しながら
ひとつのボールを奪い合うレーススポーツ。
観客は単にレースを客観的に眺めるだけでなく、
選手自身の視界を主観映像として楽しむことができるという設定。

「銃夢」に出てきた登場人物はまったく出ないし、
この作品だけでも理解できるようになっている。

アメコミのようなアクの強い画風で、
白黒のコントラストが非常に強い絵が続く。
しかしながら作者の確かな画力で迫力とスピード感のある場面が続く。

レースシーンはそれほど多くなく、負け続きの主人公が苦悩するシーンが続くが、
レース場面のスピード感と破壊の迫力は素晴らしく、
銃夢ファンなら間違いなく気に入る内容。
そうでない人でも本作の独特の世界観に惹かれたなら
「銃夢」本編に手を出すといいだろう。

【関連作品のレビュー】
銃夢

総アクセス数