レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が4500件以上! レビューは毎日更新します。


ハリー・ポッターと賢者の石

ハリー・ポッターと賢者の石 [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2014-07-16)
売り上げランキング: 5,278

大ヒットしたファンタジー小説シリーズの映画版1作目。原作は未読。

両親を亡くし、親戚の家で迫害されながら過ごすハリー・ポッターが
11歳になってホグワーツ魔法魔術学校に入学し、
そこで1年間を過ごすまでが語られる。

一人前の魔法使いを目指して勉強する魔法学校の雰囲気や
そこの先生たちが使う不思議な術、ファンタジックな世界観は
非常にうまく実写化されていて、
原作を知らない人でも独自の世界に引き込んでくれる。

ただし、あくまで長く続く話の序盤部分を映像化した作品なので
一本の映画として観た場合、
特に何がある、という内容ではないのが残念。
言うなれば何も始まってないし、何も終わっていない。

劇中では怪物との戦いや魔法使いたちのスポーツなどが描かれ、
その世界への没入感を高める効果はあるが、
2時間半という作品単体での山場や伏線としては
ほとんど役立っておらず、割と脈絡なく事件が起こった感覚がある。

幼い頃、凶悪な魔法使いヴォルデモートに襲われつつも
逃げ延びたハリー・ポッターは魔法界ではかなりの有名人らしく、
劇中ではさまざまな面で相当に優遇されているのを感じる。

入学して間もないのに学内スポーツのエースに選ばれるし、
みんなが憧れる最新のホウキをプレゼントされるし、
彼が在籍する寮には対抗戦のバランスを崩すほどの点数が入る。

ハリー・ポッターは特別な存在だから良いと割り切れるなら問題はないが
公平な目で見た場合、他の生徒はたまったものじゃないだろうし、
何も悪いことをしていないのに
最下位のチームにトップを奪われるスリザリン寮は哀れだ。

もともと「ハリー・ポッター」シリーズが好きな人や
主人公の恵まれっぷりに疑問を持たない人なら楽しめるだろう。

【関連作品のレビュー】
ハリー・ポッターと秘密の部屋(映画)
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(映画)
ハリー・ポッターと炎のゴブレット(映画)
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(映画)
ハリー・ポッターと謎のプリンス(映画)
ハリー・ポッターと死の秘宝<PART1>(映画)
ハリー・ポッターと死の秘宝<PART2>(映画)
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(映画)
ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

総アクセス数