レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が4500件以上! レビューは毎日更新します。


ぼくのうつやすみ 『うつ』になったけど帰ってこれました

九州にあるゲーム会社、株式会社サイバーコネクトツー
働いていたデザイナーが鬱病を発症し、
そこから復帰するまでの流れをマンガで描いたもの。


作者がTwitterに投稿した内容をまとめたものだが、
いろいろと変化していく当時の感情が丁寧にまとめられていて
鬱病の人がどういう気持ちで過ごすのかがよくわかる。


会社員や家族を支える立場としての責任感と
クリエイターの思いに苛まれながら、
自分の気持ちに客観的に向き合って
少しずつ整理していった流れが追体験できる内容。


鬱病になった人自身がまとめた貴重な経験談で、
職場や社会へ復帰する流れの一例として参考にできるだろう。
鬱病になった人の経験談をまとめた「うつヌケ」と合わせて読んで欲しい。


【関連作品のレビュー】
サイバーコネクトツー式 ゲームクリエイター育成BOOK<Vol.1>(書籍)
チェイサーゲーム(マンガ)

総アクセス数