レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が5000件以上!


暗い廊下とうしろの玄関

怪談専門誌「幽」に押切蓮介が描いていた短編の怪談マンガをまとめたもの。

収録作品
 ●赤い家
 ●黄泉の風
 ●暗い玄関
 ●静寂の谷
 ●市松人形
 ●咎(とが)
 ●後悔の奈落
 ●侵食
 ●生霊
 ●成長する小窓
 ●混声
 ●スイッチ
 ●オバケなんていないさ
 ●崖の上の歩哨
 ●謝罪
 ●愚か者共に私達の悲鳴は聞こえない
 ●招かれざる聞き手達
 ●アカイイト
 ●オバケなんていないさ2

1話あたりが短すぎるのが致命的で、
盛り上がりそうになったあたりで終わってしまうものが多く、
期待したほどのデキではなかった。

各エピソードの最後に作者のコメントが掲載されているが、
直前の作品に関して、演出上の嘘である部分や
失踪した人がコロッと見つかったという報告は
ホラーで盛り上がってた気分を一気に冷めさせてしまう。

実話でも創作でも構わないので、ホラーとして
惹きつけられるものを読みたかった。イマイチ。

【関連作品のレビュー】
ピコピコ少年(マンガ)
ピコピコ少年TURBO(マンガ)
ピコピコ少年SUPER(マンガ)
猫背を伸ばして(マンガ)

総アクセス数