レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が3000件以上! レビューは毎日更新します。



金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント

金持ち父さん 貧乏父さん」に続く金持ち父さんシリーズの2冊目で、
どんな手段で収入を得ているかによって人を4つの種類に分類し、
それぞれにおける特徴と、経済的自由を得るための方向性を解説したもの。

前書きで唐突に「クワドラント」という言葉が連発されて面食らうが、
それを過ぎると順を追って説明されていくので、
初めて読むときには前書きを飛ばした方がわかりやすい。

収入を得るという作業は誰もがするものだが、
従業員(E)、自営業者(S)、経営者(B)、投資家(I)のうち
どの立場に自分を置くのかによって
意識や自由度が変わるというのがよくわかる。
前著に引き続き、投資による成果を語る本なので
投資家(I)や経営者(B)になることを推奨する内容。

どういった手段であれ収入が多ければ満足するような気がするが、
本書に出てくる例え話が非常に興味深く、
立場によっては必ずしも幸せにならないことがわかる。
ただ、作者が勧める投資が不動産に偏っているため
それ以外に注力している人は反発したくなるかもしれない。

前著同様、誰にでもわかりやすくて非常に読みやすい本。
収入を得るということを冷静に分析し、
立場によってどういう違いがあるか、自分がどれを目指したいかが自覚できる。

【関連作品のレビュー】
金持ち父さん 貧乏父さん
金持ち父さんの投資ガイド<入門編>
金持ち父さんの投資ガイド<上級編>
金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法

総アクセス数