レビューブログ【レブログ!】

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想(ネタバレなし)が5000件以上!


無慈悲な8bit<1~6巻>

数多くのゲームを遊んできた作者が
当時のいろいろな想い出を語ったもの。

週刊ファミ通で連載している関係で、
全編に渡ってゲームネタが使われており、古いものから新しいものまで
有名どころに関するある程度の予備知識は必要だが、
同作者の「岡崎に捧ぐ」と同じノリの面白さがある。

ピコピコ少年」と同様に、生粋のゲーマーだった人なら
誰でも懐かしめるコミックエッセイ。

【関連作品のレビュー】
岡崎に捧ぐ
山本さんちのねこの話
いつもぼくをみてる
きょうも厄日です
この町ではひとり

総アクセス数