レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が4600件以上! レビューは毎日更新します。


新世紀エヴァンゲリオン<全26話>

14歳の少年が巨大ロボットのような人造人間に乗せられ、
次々と襲来する敵と戦わされていく話。

正義のために命を賭けるのが当たり前だった過去のロボットアニメと比べて
逃げ腰で弱音を吐く主人公というのが特徴的。
それでいてエヴァとのシンクロ率が高くて他の人間では代用が効かず、
無理やり戦闘に駆り出されるという部分が面白い。

序盤の数話はそれほどではないが、
ヤシマ作戦が提案される5話から19話あたりまでは
かなり派手な戦いと魅力的なやり取りが続くので
アニメ好きなら誰でも楽しめる内容。

それ以降はそれぞれの心情や内面などが
独自の表現で展開するという相当にとっつきが悪い部分になるが、
そのあたりも今までのアニメでは考えられなかった特徴と言える。

ストーリーに関しても明確な説明や
ハッキリとした描写がされない場合があり、
ある程度の推測や、予備知識で補完する必要も出てくる。
このあたりは賛否が分かれるところで、
意味がわからないと感じる人も多いだろう。

人によって異なる解釈ができるところがポイントで、
テレビアニメ版のラストで納得してもいいし、
旧劇場版を真の25話・26話と考えてもいいし、
新劇場版の内容で上書きしていくのもいい。


一大ブームを起こした偉大な作品だが、
万人ウケしない要素も多く、味わうには一定の忍耐力が必要。
しかし大きな社会的影響を与えた要因を感じることができるので
いろいろな刺激を感じながら観て欲しい。

【関連作品のレビュー】
新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air / まごころを、君に
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
シン・エヴァンゲリオン劇場版

総アクセス数