レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が3000件以上! レビューは毎日更新します。



バットマン:ダークナイト

DARK KNIGHT バットマン:ダークナイト(ケース付) (SHO-PRO BOOKS)
フランク・ミラー
小学館集英社プロダクション
売り上げランキング: 27,017

実写版バットマン「ダークナイト」シリーズの元となった原作コミックで、
「ダークナイト・リターンズ」とその続編である
「ダークナイト・ストライクス・アゲイン」を1冊に合わせたもの。
全ページカラー印刷のA4版ということでかなり重い。

バットマンの原作は1940年あたりからいろいろな人の手で描かれているため、
どれから読み始めるのが良い、というのはなかなか言いにくいが、
「ダークナイト」シリーズでテーマとなっている重厚な雰囲気や
単なる勧善懲悪ではないストーリーは今作から始まったものらしい。

バットマンが引退して10年、55歳となったブルース・ウェインが主役となり、
実写映画での「ダークナイト ライジング」と同じ位置づけであるため、
そのあたりの映画作品を観ておくと理解がスムーズになる。

マンガとしては日本のものと大きく異なり、
単調なコマ割り、コマの外にズラズラと書かれたセリフ、
効果線がほとんどなく静止したように見える絵や
同じコマを繰り返す見せ方など、非常に読みづらく感じる。

マンガを読んでいるというより、小さな挿絵が添えられた文章を読む、という感じで
慣れないうちはなかなかページが進まない。
行間を読めと言わんばかりに、コマとコマの間に
いつの間にか説明されない展開が起こっているという見せ方にも慣れが必要。

後半の「ダークナイト・ストライクス・アゲイン」はコマ割としては読みやすくなるが、
ストーリーの把握は非常に難しく、何が起こっているのかわからないままページが進む。
多数のアメコミヒーローが説明なく登場するので相応の予備知識も必要。
世間の評判はかなり高いが、アメコミを読み慣れていないとかなり厳しい一冊。

【関連作品のレビュー】
バットマン ビギンズ(映画)
ダークナイト(映画)
ダークナイト ライジング(映画)
バットマン ゴッサムナイト(アニメ)
バットマン(映画)
バットマン リターンズ(映画)
バットマン フォーエバー(映画)
バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲!!(映画)
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(映画)
スーサイド・スクワッド(映画)
GOTHAM / ゴッサム(テレビドラマ)
バットマン:アーカム・アサイラム(アメリカンコミック)
バットマン:キリングジョーク(アメリカンコミック)

総アクセス数