レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が3000件以上! レビューは毎日更新します。



ダークナイト

ダークナイト [Blu-ray]
ダークナイト [Blu-ray]
posted with amazlet at 18.03.06
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-04-21)
売り上げランキング: 40,676

バットマンシリーズの中でも「バットマン ビギンズ」の続編。
タイトルに「バットマン」の単語が入っていないとはいえ、
前作を観ているか、ある程度バットマンの存在について知っている方が良い。

今作は観終わった人の評価が総じて高く、
特に映画好きたちにすこぶる評判が良い。
実際に観た私も非常にデキのいい映画だと思った。

バットマンは強大な資金を持つ青年が
道楽で自警団をやっているに過ぎないが、
それでも警察では手に負えない悪人たちを懲らしめ、街を守ってきた存在。
そこに今回現れたジョーカーなる悪人が
バットマン含め、人間の弱い部分を巧妙に責めるところが見もの。

ジョーカーは特別強いわけでも大勢の仲間を持っているわけでもないが、
とにかく人間の心理を非常に良く理解しており、
人を挑発したり脅したりと、武器を使う以上に残酷な仕打ちを行う。

2時間半と長時間に及ぶ内容だが、テンポが非常に早く、
しかも映像として見せずに「そうなっていることは暗黙の了解」的な部分もあるので
しっかりと目を離さずに、かつ推測でも補いつつ理解していく必要がある。

最低限、
「バットマンは街の悪人を自分の判断で倒していること」
「バットマンは人殺しはしないこと」
「ごく身近な数人しかバットマンの正体を知らないこと」
「信頼できる老人2人がバットマンの存在を支えていること」
「さらに驚異の技術がつまった武器やアイテムを調達していること」
「警察がバットマンを必要とした際、
 バットマンシルエットのサーチライトで呼び出すこと」
あたりを知っている必要がある。

重要な登場人物は割と少ないが、
それぞれがどういう立場なのかを素早く理解しないと
この人はどっち側の人間なのか、と混乱する。

長時間ではあるが、少しの無駄もなく、
自分がその状況に置かれたらどうするだろう、と
悩みたくなる場面も多くて面白い。

「ダークナイト」という単語は本編で1度だけ、
最も効果的で納得できる瞬間に登場する。
バットマンがただのヒーローではないこと、
勧善懲悪では済まないストーリーに引き込まれて欲しい。

【関連作品のレビュー】
バットマン ビギンズ(映画)
ダークナイト ライジング(映画)
バットマン ゴッサムナイト(アニメ)
バットマン(映画)
バットマン リターンズ(映画)
バットマン フォーエバー(映画)
バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲!!(映画)
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(映画)
スーサイド・スクワッド(映画)
GOTHAM / ゴッサム(テレビドラマ)
バットマン:ダークナイト(アメリカンコミック)
バットマン:アーカム・アサイラム(アメリカンコミック)
バットマン:キリングジョーク(アメリカンコミック)

総アクセス数