レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が3000件以上! レビューは毎日更新します。



スーサイド・スクワッド

スーサイド・スクワッド ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2016-12-21)
売り上げランキング: 8,762

超人たちの起こす凶悪犯罪に、
特殊な能力を持った悪党たちの集団で対抗しようとする話。

ストーリーとしては独立しているものの、
「バットマン」シリーズのキャラクターが多く絡むため、
関連する映画ゲームで予習し、
特にジョーカーやハーレイ・クイン、
デッドショットなどを知っている方が楽しめる。

また、シリーズとしては
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」の続編に位置しており、
ジャスティス・リーグを主軸とした一連の作品群では第3作目にあたる。

ビジュアル面や序盤のノリは非常にいいのだが、
肝心のストーリーはそれほど引き込まれるデキになっておらず、
「悪の超人たちをグループにして解き放つ」という設定以上のインパクトがない。

登場キャラクターが多すぎるせいか、それぞれの特徴を紹介する場面が少なく、
あらかじめ個々のキャラクターの予備知識がないと
イマイチ彼らの個性とスゴさを実感できないまま話が進んでしまう。
彼らがいきなり超災害的な相手と対抗するのではなく、
もう少し一般的な凶悪犯罪を、その人並み外れた能力を活かして
片付けるところをいくつか観たかったところ。

また、敵兵たちは黒い砂が固まったような身体のため、
斬っても撃ってもパサパサしたリアクションばかりで爽快感がない。
いくら派手な攻撃で倒しても、その暴れぶりが伝わってこないのだ。
アクションや演出に関しては
そのあたりをきっちりとうまく料理した「アベンジャーズ」を見習って欲しい。

キャプテン・ブーメランの影の薄さはひどいとしかいいようがないし、
デッドショットは近距離戦ばかりで狙撃の腕を披露してくれない。
炎を扱うエル・ディアブロや、ワニのような皮膚のキラー・クロックも
出番が中途半端すぎて存在感や必要性を感じられない。
ジョーカーのイカれ具合もあまりたいしたことがなく、
「バットマン」シリーズを代表する悪役なのに残念な限り。

唯一、ハーレイ・クインだけは
彼女の突飛な言動からビジュアル面での魅力まで
原作本来のイメージを素晴らしくうまく実写化している。

バットマン好きとしてはかなり期待した作品だったが、
現段階ではとても「アベンジャーズ」に太刀打ちできていない。
キャラクターの個性を活かして、今後の作品での巻き返しを期待したい。

【関連作品のレビュー】
マン・オブ・スティール(映画)
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(映画)
スーパーマン(映画)
スーパーマン リターンズ(映画)
バットマン(映画)
バットマン リターンズ(映画)
バットマン フォーエバー(映画)
バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲!!(映画)
バットマン ビギンズ(映画)
ダークナイト(映画)
ダークナイト ライジング(映画)
バットマン ゴッサムナイト(アニメ)
GOTHAM / ゴッサム(テレビドラマ)
バットマン:ダークナイト(アメリカンコミック)
バットマン:アーカム・アサイラム(アメリカンコミック)
バットマン:キリングジョーク(アメリカンコミック)

総アクセス数