レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が5000件以上!


任意の点P

ステレオグラムに代表される立体視だが、
この本は付属のメガネで、まず間違いなく立体視できる。

さらに今まで立体視、と呼ばれていたステレオグラムは
単に紙の位置よりも手前側に平行に浮き出るだけで
マニアックな例えでいえばバーチャルボーイ的だった。

だがこの本の場合はまさに立体になる。
テレビでよく映る太陽系のCGみたいなものが
メガネの向こうに広がったりして
「立体」の言葉通りの見え方に「おぉ」とつぶやいてしまう。

全ページ立体モデルのみで2600円。
値段は高いが、見終わった後は必ず人に見せたくなる。

【関連作品のレビュー】
クリック
経済ってそういうことだったのか会議
プチ哲学
毎月新聞
考えの整頓
行動経済学まんが ヘンテコノミクス
解きたくなる数学

総アクセス数