レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が5000件以上!


悪い本

悪いことが書かれた本自身が自分の存在意義について説明する話。
怪談えほん」シリーズ第1弾。

子供に読み聞かせるには難解な内容で、
絵に話し手である本が登場しないため、
初見では混乱して状況がわからなかった。

もともとストーリー性がない内容のため、
絵はあくまで雰囲気をもり立てるためのものらしい、
一度、目を通したあと、文章だけに集中して読むと意味がわかる。

悪事を書いた本が欲しくなるときがいつなのかを説明したもので、
いろいろな経験が思い当たる大人が読む方が怖さを感じるだろう。

【関連作品のレビュー】
マイマイとナイナイ
いるの いないの
ゆうれいのまち
ちょうつがい きいきい

総アクセス数