レブログ!

映画、アニメ、ドラマ、マンガ、書籍、英語読書の感想が5000件以上!


赤穂浪士(あこうろうし)

ひどい侮辱を受けたまま切腹を命じられた主君に代わり、
家臣たちが力を合わせて恨みを晴らす話。


赤穂事件を題材にした「忠臣蔵」のひとつだが、
冒頭から登場人物がやたら多い上に区別がつきにくく、
誰がどの人物なのかパッとわからないのが厳しい。


忠臣蔵の最重要人物は
浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)、
吉良上野介(きらこうずけのすけ)、
大石内蔵助(おおいしくらのすけ)の3人だが、
あまり明確な紹介がないまま話が進むので、
ある程度の筋書きを知っている人向けの作品に思える。


また、セリフが聞き取りにくい上に
時代劇特有の言葉遣いを理解するのが難しいし、
場面が急に飛んだり、描写が省かれているところがあるなど
映像的にもわかりにくい部分が多い。


討ち入りに協力する47人も
最後の場面で唐突に集まったような印象だし、
いまいち主人公たちに感情移入できないまま
傍観するばかりという内容だった。


【関連作品のレビュー】
忠臣蔵 花の巻・雪の巻(1954年公開映画)
最後の忠臣蔵(映画)
忠臣蔵(マンガ)
江戸人物伝 大石内蔵助(マンガ)
決算!忠臣蔵(映画)
学研まんが 日本の歴史<10>江戸時代・中期(マンガ)
47RONIN(映画)

総アクセス数